自己紹介とメッセージ|広島市 家庭教師の本田

2018/5/8

自己紹介とメッセージ

 1955年尾道に生まれ、国泰寺高校卒業後、東大理一に入学、工学部を経て、文学部ロシア文学科を卒業しました。 ちなみに、大学時代の同級生二十数人のうち、二人が東大の教授になり、 そのうち一人は数学科教授ですが、大学時代の成績は私の方が上だったりしています。 卒業後しばらく作家を目指し、小さな賞を取ったりはしましたが結局だめで、高校教師、ついで予備校講師として国語を教えました。

 ワープロをパソコンに持ち替えて、プログラマの集うフォーラムという場所で質問しいろんなことを学びました。 その結果、中学入試・大学入試の国語データベースを完成し、「入試に訊け!」シリーズとして2012年エール出版から上梓しています。 「入試に訊け漢文」は「tex 漢文マクロ」で検索していただくと、2-3番目に出る自作のプログラムで組版しています。

 高校教師時代は、作文や読書感想文コンクールの指導をして、多くの生徒が全国入賞し、 医学部、歯学部の小論指導でも、多くの生徒を合格させました。

 また、長く大学レベルの英文の翻訳の仕事もしていました。

 そうした経験からいって、広島学院や修道中学レベルを目指して国語あるいは算数が苦手という生徒さんや、 高校生で国語でつまずいている生徒さん、 高校英語の文法や英文和訳が苦手な生徒さんがあったら、 一番いい結果を出してあげられるように思います。

 学院や修道などの中学、京大や阪大、医学部をはじめとする大学に英数国を指導して、多数の生徒を合格させてきました。 特に国語の指導については、現在、その集大成の参考書を執筆中です。 学生家庭教師でいい、やる気を出させるところから始めたいという方は、他をお当たりください。 私は指導の質にこだわり、教科に対する基本姿勢から変えていくスタンスです。 もう年も年なので、こちらの指導を信頼し、半年くらい任せてもらうというお気持ちのご家庭で指導したいと思います。 よろしくお願いします。

家庭教師の本田

その他のページ